adjective.design office

対談01
コーポレートロゴデザイン

第一回目の対談者は、
Y’s オフィス代表 川上陽子さん

岡山市生まれ。筑波大学第2学群人間学類教育学専攻卒業。公立中学校英語科教諭として勤務後、地元TV・ラジオ局でフリーアナウンサーとして活動。結婚・出産を経て、企業研修講師としてY’s オフィスを開業し、コミュニケーションの学びを深め、現在は感情のコントロール法「アンガーマネジメント」、社労士の知識を生かした「働き方改革・ワークライフバランス」を中心に、リーダーのための部下指導法、女性リーダーの育成など人材育成研修を行なっている。

Y's Office

1.アジェクティヴとの出会い

アジェクティヴ:私たち、どうやって出会ったんでしたっけ。

川上さん:独立にあたって名刺とホームページを用意したいと考えていた時、知り合いのネイリストさんが、とても私好みのショップカードを使われているのが目に留まりました。アジェクティヴさんのデザインだということで、すぐにご紹介いただき、まずはロゴデザインから着手することになりました。

アジェクティヴ:問屋町のカフェでお会いしたのが最初でしたね。今から10年以上も前でしょうか。当時、川上さんは、ロゴデザインに「女性らしさ」を求めてらっしゃったように思います。

川上さん:はい。以前はクライアントを意識するというより、自分の意志で選びたいと思いました。無機質なイメージではなく、柔らかさやしなやかさを前面に出していきたくて。アジェクティヴさんからは、ティアラや小鳥など、可愛らしいモチーフをご提案いただいたと思います。どれも私の好みで、気に入っていました。

従来のロゴ
Y's オフィス

花をモチーフにした、エレガントなイメージ

2.イメージに新風を

アジェクティヴ:今回、ロゴデザインをイメージから変えたいというご相談をいただきました。「変えよう」と決意するにあたり、状況の変化が理由の一つとのことですが、心情的な変化についてもお聞かせください。

川上さん:状況の変化として、クライアントに男性の比率が上がってきた、ということが挙げられます。企業研修を受講される方々もほとんどが男性ですね。また、シニア世代の方からの需要も増えてきました。講師として、また会社の代表者として、皆さまにより信頼を高めていただくために何ができるだろうと考えた時、自分の求めるものより、相手に求められているものをつきつめていきたい、と考えが移り変わっていることに気づいたんです。

アジェクティヴ:ビジネスライクなロゴに変えたい、とご相談を受けた時、「ビジネスライクとは何ぞや?」と、これ以上ないほど深く考えました(笑)。

ロゴの制作

<デザイン制作にあたって>コーポレートカラーをブルーに絞り、川上さんの「ビジネスライク」という言葉の意味をじっくり組みほどいていく。人・組織・対話の調和を重んじる川上さんのお話をじっくり聞くうちに、「考えが変わった」のではなく、様々な実績を重ねてこられた結果、仕事への向き合い方が「より濃くなった」ということが分かってきた。その「濃さ」をどう表現するか、模索し、微調整を重ねる日々。そして…

Y's OfficeロゴA Y's OfficeロゴB

川上さん:ご提案いただいた二つのロゴ、どちらも素敵で、大変気に入りました! A案のデザインはシャープで、右肩上がりなイメージ。B案は丸みがあって、やわらかさも表現されています。どちらにするか迷いました。

アジェクティヴ:ご講演のパワーポイントやレジュメ、配布資料の中で、ちゃんと存在感が出せるか、またモノクロになった時でも映えるかなど、さまざまなことを配慮してデザインさせていただきました。気に入っていただけて良かったです。

3.時代に合わせるということ

川上さん:じつは私は最初、A案のカチッとした感じが良いなと思いました。ところが、周りの人に聞いてみたら、ほとんどの人がB案を推薦したんですね。左右対称のバランスがよく落ち着いているし、人・組織・対話が輪になって調和しているように見える。さらに、「私らしさ」が感じられる、と。それで、B案を採用させていただくことにしたんです。

アジェクティヴ:そうだったんですか! ご自身で決められたのかと思っていました。

川上さん:前回のロゴデザインは自分で決めました。でも今回は、人の意見にもちゃんと耳を傾けることにしたんです。迷いはありませんでした。お仕事で接する人々に信頼をいただくためには、静かに自分を客観視し、時代に合わせていくということが大切なのかもしれないと分かってきました。

アジェクティヴ:しなやかに、時代に合わせる。素敵ですね。

川上さん:素敵なロゴデザインをありがとうございました。とても満足しています。

Y's Officeイメージ
アジェクティヴではこんなご要望に応えます!

「デザインのプロにロゴ制作をお願いしたい」
「名刺、パンフレット、教材など、各種印刷物を相手の印象に残るデザインにしたい」
「紙質やフォントにこだわった、オリジナリティのあるデザイン名刺を作りたい」

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

対談者のご紹介

Y’s オフィス代表 川上陽子さん

Y’s オフィス 代表
川上陽子さん
〈ホームページ〉
https://www.ys-office.info/
〈共著〉
『子どもと関わる人のためのアンガーマネジメント
怒りの感情をコントロールする方法』
(合同出版)

アジェクティヴ:仕事をする上で、一番大切にしていることを教えてください。

川上さん:セミナーや講演を通じて、皆様の人生のお手伝いをさせていただいていると実感しています。その中で最も大切なのは、「人間力を高める」お手伝いができているか、ということだと思います。
組織力向上のためのビジネス、コミュニケーションスキル強化のためのスキルなどというと、どうしても「仕事力を高める」イメージに注目しがちです。しかし、仕事はその人の人生の一部にすぎません。どんな人でも、仕事を離れれば一個人としての生き方があります。
一個人として、周囲の人々と心豊かに関わりながら、仕事もプライベートも充実させていく力。私の仕事は、そういった個人の「人間力」を育むことに繋がると信じています。
おかげさまで、ご退職を迎えたシニアの方々など、新たな層への需要も伸びています。これからも真心をこめ、真摯に、皆様へメッセージを伝え続けていきたいと思います。

 

「対談02 ホームページデザイン」を読む →

Access & Contact

OFFICE

岡山市北区中山下1-2-12 桃太郎大通りビル502
(岡山駅から約950m、徒歩約15分)

営業時間 10:00〜18:00

adjective_map

※1階が高級「生」食パン専門店 乃が美さんのビルです。

※Submitをクリックすると確認画面は
表示されずにメールが送信されます。